2017年伊豆花火大会最新情報!穴場デートスポット満載!

2017年伊豆の花火大会最新口コミ情報です。伊豆はデートや旅行に最適ですよ!熱海や伊東などお泊まり花火大会のデートはぜひ伊豆へお越しください!日程や混雑状況に加え、上手なお泊まりデートの誘い方や恋愛成就の秘密の穴場スポットも一緒に紹介します。

要注意!実は花火大会で意外と多いのは子供の熱中症だった!

昔とは暑さが全然違う時代になりましたね。

毎年夏のなると熱中症のニュースは必ずといっていいほど耳にします。

大人は自分で意識しながら水分補給など出来るのですが、子供って遊びに夢中になって水分が足りてない!なんてことも。

家族で花火大会に出かける際には子供の熱中症を特に気をつけてあげて欲しいんです!

 

f:id:okopoya:20170711130404j:plain

子供の熱中症の注意点

自分で不調を訴えることが出来ない乳幼児は特に大人が見てあげないといけません。体温機能の調節もまだ十分ではない子供は大人よりも熱中症になるリスクが高くなります。まずは熱中症にらないための対策をしっかりとしましょう!

 

地面からの熱に要注意!

抱っこ紐も暑いし、寝てしまった時のことを考えてベビーカーを使用するのはいいのですが、ベビーカーの高さって地面からの熱を受けるのでとても暑いんです。寝てると思ったらぐったりしていた!なんてことにならないようにこまめに気にしてあげましょう。

昼間は帽子などで日光対策

イベントなど昼間から開催している場合、必ず日光対策をしてあげてください。月齢が低い場合は熱い時間帯は長時間の参加はおすすめしません。上の子がイベントに出るなどどうしてもな時にはその時間のみ参加し、他は涼しい所に移動してあげましょう。大人の暑さの感覚を基準にしないように!

水分補給はこまめに実施

もちろん意識しているとは思いますが、水分を欲しがってからあげるのではなく定期的に飲ませてあげるようにしてください。飲むのを嫌がるならかき氷をあげて見たりと工夫しましょう。

室内でも熱中症になる

室内だから大丈夫とまめに水分を取らずに遊びに夢中になっていると危険です。室内でも外にいる時と同じようにまめに水分補給をし、こまめに様子を見てあげてください。

 

f:id:okopoya:20170711130515p:plain

こんな症状が出たら熱中症かも

熱中症を疑われる症状は以下の通り。

  • 体温が高い
  • 異常な汗
  • ぐったりしている
  • おしっこが出てない
  • 顔が赤い

これの症状が出ていたら要注意。熱中症になっている可能性が高いです。初期の段階ならまずは涼しい場所に移動してください。そして水分と塩分を摂らせます。身体を冷やすのは首の横、わきの下、足の付け根です。おでこではないですよ!

  • 嘔吐下痢
  • 息が荒い
  • ふらふらする

などの症状が出たら危険。熱中症は急激に悪化します。すぐに病院を受診しましょう。

  • 呼びかけても反応がない
  • けいれん
  • 倒れる(意識がない)

こんな時には大変危険です!!救急車ですぐに病院に行きましょう。

 

熱中症で倒れた場合は意識があるかどうかをしっかり確認してください。突然倒れることもあるので、驚いている暇はありませんよ。意識の確認からまずは救急車の連絡、そして到着までの間に対策です。この順番忘れないでくださいね!

f:id:okopoya:20170711112858j:plain

子供の熱中症対策におすすめグッズ3選

1.とにかく使い勝手の良い保冷シート

 

ベビーカーや抱っこ紐に装着できる保冷シートはよく見かけますが、歩き始めた子供には使えません。実際私の娘の1歳半ですがちょろちょろしているので保冷シートは使えません。そんな時に便利なのがこの背負える保冷シート。ベビーカーやチャイルドシート、抱っこ紐にはもちろんですが結び直せば動き回る子供の背中に装着できる優れもの。軽くてとにかく使い勝手絵が良い!私もこれに買い換えました(>_<)

 

2.叩いてすぐに冷える!そして長持ちの瞬間冷却剤

 

よくある叩いて冷えるものとの違いは持続時間。多くの瞬間冷却剤は15分程度で冷たくなくなってしまいますが、こちらはなんと90分!ひとつはカバンに忍ばせておきたいですよね。更にこちらは使い捨てではありません。冷凍庫で凍らせて繰り返し使用可能なので経済的でママには嬉しいですね。

 

3.水分と塩分の同時補給!塩麦茶

 

 子連れの場合、こまめに飲ませたいので凍らせたペットボトルや水筒は欠かせません。どうせ持っていくなら塩分も摂れる麦茶がおすすめ!塩飴とかもあるけれどうちの娘はまだ飴は食べられないので麦茶で塩分がとれるのがとてもありがたいです。花火大会だけでなく、普段の外遊びの時にも使えるようにストックしておきたいですよね・

 

熱中症はとにかく予防が大事!

熱中症は万全の対策をして家族で思い出に残るいい花火大会を過ごしてくださいね(*´ω`*)